インタビュー

箕面YEG Report【WEB】お化け屋敷インタビュー

「胸がときめくイベントを」

箕面まつりの人気イベント「お化け屋敷」は、箕面YEGの事業として始まり2019年で22回を迎えます。

今回、本事業を始めたきっかけ、またそこに込めた思いなど、発起人の一人である神代繁近さんに伺いました。

-お化け屋敷を始められたキッカケを教えてください。

神代:ロングロングパット大会、射的やサイコロなどの、ありきたりの事を何回かやるうちに「こんなことで胸がときめくか?」という話になりました。

他に何か胸ときめく事をしたいと考えていた時、たまたま行った天保山の夏限定のお化け屋敷がむちゃくちゃ面白くて。暗幕から、人間が演じるお化けが出て来る…、絶対怖いな!と考えて、これをやろうとなりました。

何十年も、今もずっと使っているこの手帳(手帳を取り出す)、今も当時のお化け屋敷のことを残しています。

メイプルホール、必要なもの、やること、電源、音響、予算、それから、お化け屋敷の地図も。

場所はリハーサル室を使わせてもらおうと、交渉もしました。

YEG事業は、単なるイベントではなく、宣言・指針・綱領に基づく目的を持って行われていますが、この事業はどのような目的をもって行われたのでしょうか。

 神代:目的は2つです。

1つ目は子供たちが対象で、普通の出店ではなく面白くてみんながワクワクできる、ときめくような面白いことをやろう!ということ。

2つ目は、会員交流。人を驚かせたりすることは癖になるし、会員交流事業にもなる。

 

-お化け屋敷までは、何か他の事業を行っていましたか?

 神代:箕面まつりは第1回目から商工会議所中心で行っていました。

当時は公園の北側に川があり、魚のつかみ取り大会を開催していましたが、その後YEGが引き継いで、出店をしていました。龍安寺の境内広場で夜店を出したり、スパーガーデンの駐車場でも、何年か漫才師を呼ぶなどのイベントをやっていました。

-お化け屋敷の思い出やエピソードは何かありますか?

 

神代:最初の年の木枠、暗幕、備品の製作したことが印象に残っています。

最初は全部手作りで、お墓とか、一生懸命作りました。

とにかくもう全部手作り。

 

-そのお墓、今でも使わせてもらっています

看板も、うちの店で仕事中に手作りしていました。

お客さんの数も読めなくて、500人くらいきてくれたいいかなと考えていたのが23年で1000人を超え、何回も子供たちが来てくれました。それから22年。

すごいよな!

-お化け屋敷を継続されてきましたが、それはどのような目的からですか?

また、改善された点はありますか?

 

神代:継続は力と言いますが、根付いて青年部の代名詞にもなってきているのでお化け屋敷を続けていこうと思いました。

大きな事故やトラブルもなく、毎年色々なアイデアが出てきています。

動員数の増加に伴って出入り口を変更したり、毎年進化してきました。

     

-最後に、先輩の立場から、今年のお化け屋敷へのエールをお願いいたします。

 

神代:とにかく子供たちが喜んでいる姿がやりがいになると思います。もちろんそのための企画ですから。

毎回グレードを上げて、「今年もやってくれよ!!」という気持ちです。

事業予告

8月定例会「現役アナウンサー直伝!話し方・コミュニケーションセミナー」

2019年8月21日(水)箕面商工会議所3階にて
フリーアナウンサー&キャリアコンサルタントである弘松優衣様をお招きし、毎月開催しているビジネスセミナーにて「緊張をコントロールできるようになった!」「伝えたいことをまとめられるようになった!」と好評を得られている、話し方のコツや、コミュニケーション能力の大切さを教えていただきます。

【講師:弘松優衣(ひろまつゆうい)】フジテレビ系列のテレビ局アナウンサーを経て、現在は、フリーアナウンサー・話し方講師として活動中。5年間、フジテレビ系列系、夜のニュースのメインキャスターを務め、現在は関西地方で夕方の新番組にメインキャスターとして出演中。また、講師として、生放送という独特の緊張感の中これまでに培ってきたトークスキルを伝えている。毎月開催しているビジネスセミナーは、満員の回も多く、「声が変わった!」「緊張をコントロールできるようになった!」「伝えたいことをまとめられるようになった!」など、毎回好評を得ている。番組出演のほか、1000回を超えるインタビューや100ステージ以上登壇した司会者としての経験を踏まえながら、話し方のコツや、コミュニケーション能力の大切さを伝えている。

お申込みフォーム

事業予告

第22回 箕面まつりお化け屋敷事業

2019年7月27日(土)・28日(日)メイプルホール地下 リハーサル室にて

昨年度、荒天のために開催できなかった箕面まつりにおいて22回目となるお化け屋敷が今年も開催されます。お化けメイクなど新しいイベントなどもあり今までのお化け屋敷を知っている方も、そうでない方も楽しんでいただけるようにメンバーが一丸となって頑張っています。

また、お化け役としてお手伝いいただけるボランティアの方を大募集しています。是非ご応募ください!

お申し込み
箕面商工会議所青年部内 会員交流拡大委員会
箕面市西小路3-2-30 TEL.072-721-1300
担当:谷村 までお問合せください。

7月12日にはボランティアの方を対象に説明会を開催しますので宜しくお願い致します。

事業報告

6月定例会「新たな資金調達方法で、事業拡大!!」

2019年6月19日(水)箕面商工会議所3階にて
クラウドファンディングという新たな資金調達方法を実例をまじえ学ぶ事で、今後の箕面YEG、または、YEGメンバーの事業に活かせる定例会を開催致しました。

株式会社NFL、マネージャーの酒匂雄二様をお招きして、クラウドファンディングという新たな資金調達方法を学びました。
全国に自らのアイデアや発想をインターネットを通じ発信。共感した人達から直接支援をいただき、携わっていただきます。
従来の金融機関や、地域に偏りがちな会費や協賛事業費とはことなり、その人達と繋がりをもち広く事業を発展できる可能性のある手法を学ぶ事が出来ました。

また、4月から6月に誕生日を迎えたメンバーに、佐野会長からビジネス書のプレゼントがありました。

事業報告

2019年度通常総会

2019年4月17日午後5時30分より、みのお山荘風の杜にて、箕面商工会議所青年部(以下、「箕面YEG」という。)の「2019年度通常総会」が開催され、56名(OB・OG10名を含む)の会員にご参加いただきました。

総会の部におきましては、平成30年度事業報告、2019年度事業計画など、第1号議案から第7号議案までの審議事項について、滞りなく承認されました。特に、第7号議案におきましては、箕面YEGの認知度を上げるため「青緑色」をイメージカラーとして決議しました。

 引き続き行われました懇親会の部では、佐野新会長が、「本年度は、箕面YEGがさらなる進化を目指す年とします」との決意表明を行いました。そして、倉田哲郎市長や箕面商工会議所水本惠造会頭をはじめとする御来賓の皆様方からは、これからの箕面YEGに対する期待を込めたご挨拶を賜りました。また、入会式では、新入会員8名にYEGバッチが授与されました。長くない時間ではありましたが、OBから新入会員まで、皆さんが多くの方々と懇親を深められたことと思います。

 これにより、『「新時代を切り拓き、未来へ紡ぐ」~笑顔溢れる箕面の創造~』をスローガンとする箕面YEGの新年度が始まりました。